So-net無料ブログ作成

TAXIブルックリン1話の視聴感想 [ドラマの視聴感想]

TAXIブルックリン1話の視聴感想です。
※ネタバレしています。

フランス映画『TAXI』のアメリカ版『TAXI NY』はコメディ俳優ジミー・ファロンとクイーン・ラティファ、スーパーモデルのジゼル・ブンチェンが共演しましたね。

映画はフランス版もアメリカ版も見ました。

フランス版は1作目と2作目は好きですね。

アメリカ版は嫌いではありませんが、アメリカンな部分はあまり好きではありませんでした。



さて今回視聴したアメリカドラマ『TAXIブルックリン』は映画『TAXI』のドラマ版です。

以前から興味はありましたが、他のドラマを優先してしまい未見でした。

しかしdTVで配信されていたので、とりあえずクリップしていました。

そしてようやく1話を見ることが出来ました。

配信終了はまだ先なようなので、時間を掛けてシーズン1を視聴したいと思います。



カフェ(ダイナー?)にいた女刑事サリヴァンはヒゲ面に変装していた男と接触しようとしていたところに、緊急連絡が入ってしまいました。

銀行強盗を乗せたタクシーの追跡で警察車両がクラッシュ、ヒゲ面に変装していた男は逃走してしまい、サリヴァン刑事はクラッシュした車に乗っていた人から事情を聞いてタクシーを追跡します。

同僚刑事が「運転するな!」と言いながら助手席に座り、サリヴァン刑事は反論しながら運転、カーチェイスの末タクシーを捕まえることが出来ました。

しかし乗っていた男を取り逃がしてしまい、タクシー運転手のみ連行しました。



フランス映画版とアメリカ映画版、アメリカドラマ版の中では一番運転が上手だったと思います。

映画版はどちらも店に突っ込んでいましたし、アメリカ映画版はオウムが犠牲になっていましたよね。

それを考えると、店に突っ込まず、動物を轢き殺しもしていない、ちゃんとタクシーに追いついたという点では優秀です。

まあタクシーはスクールバスを回避しようとして接触して停まり、サリヴァン刑事の車は突っ込んでしまいましたけど。

同乗した同僚刑事は鼻を骨折してしまいましたけど。



署に連行されたレオは銀行強盗の関与を否定しますが、サリヴァン刑事は全く信じません。

レオがいくら否定しても全く信じようとしないサリヴァン刑事の態度は差別的にも見えましたが、向こうの刑事はああなのかもしれませんね。

まあ人を簡単に信用しては刑事としてやっていけないだろうし、でも最初から銀行強盗の仲間として話をすすめるのはどうかと思いますね。

あれで無実が証明されたら、確実に訴えられていますよ。



サリヴァン刑事は上司からFBIに捜査を引き渡すよう告げられ、しかもやってきたFBI捜査官は元夫でした。

サリヴァン刑事は当然反発、元夫は48時間やると告げて去り、レオは協力をすると申し出、2人で捜査することになりました。



まあ二人で捜査というより、サリヴァン刑事の行く場所にレオも連れて行かれたという方が正しいですね。

取引をした割に全くレオを信用しないサリヴァン刑事。

レオの手に手錠をはめてハンドルに固定したり、両手に手錠をかけて殺人現場に連れて行ったり。

やりたい放題に見えましたが、レオがいたおかげで港で殺害されたタクシー運転手飲み元が判明、記録からレオの無実が証明されました。



殺害された運転手の後部座席からダイヤモンドが1つ発見され、2人は同じ警備会社が関与していることを突き止めました。

警備会社を訪問、レオは警備の記録を確認して次の標的を割り出し二人で現場に急行、犯人とカーチェイスの末逮捕することが出来ました。



レオはフランスで銀行強盗に関与して刑務所の独房に入れられ、閉所恐怖症と素晴らしい観察眼を手に入れました。

そのお陰で、フランスで服役していたと知りレオを留置場に一旦入れたものの釈放、捜査を続行して事件解決出来ました。

レオの閉所恐怖症はエレベーターに乗れないくらいヒドイものみたいです。

留置場は前面が格子になっているので、そこまで圧迫感はないように感じますが、まあ駄目な人にとっては駄目なのでしょうね。



アメリカドラマ『TAXIブルックリン』は1話完結型の物語の他にシリーズを通して展開される物語があります。

それはサリヴァン刑事の父殺害事件です。

サリヴァン刑事はその手がかりを求めて独自に動いていて、冒頭のカフェ(ダイナー?)にいたのも父殺害の情報を得るためでした。

アメリカの刑事ドラマで女性が主人公の場合、身内が何者かに殺害されていることが多いように感じます。

『キャッスル』の主人公の片割れベケット刑事は母を殺害されていています。

『アンフォゲッタブル完全記憶捜査』のキャリーは姉を殺害されていました。

他にもいた気がするけど思い出せない・・・。

まあ刑事ドラマにはミステリー要素があったほうが面白いですけどね。



1話目しか見ていないのでなんとも言えませんが、あまり面白いとは思いませんでしたね。

何がどう退屈なのか分かりませんが、途中で見るのやめようかと思いました。

でも最初つまらなくても3話目や4話目で面白くなるドラマはいっぱいありますから、続きを見ようと思います。

12話くらいですし、本数としてはちょうどいいかなと思いますしね。


2017年1月現在、dTVでシーズン1が配信されています。

dTVは、有料レンタルもありますが『TAXIブルックリン』シーズン1は全部見放題です。

配信されている期間は作品ごとに異なりますが、いつかは見られなくなってしまいます。

興味のある方は30日間無料お試しもあるので、見られなくなる前にどうぞ。



以上です。

関連記事
トランスポーターザ・シリーズ シーズン1 第1話ネタバレ感想。ゲストは「ロストガール」のテムジン役の女優さん
クロッシングライン シーズン1 第1話ネタバレ感想。チーム誕生!前篇
ロストガールシーズン1ネタバレ1話ボウ、ケンジー、ダイソン、ローレンの出会い





スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました