So-net無料ブログ作成

エージェント・オブ・シールドシーズン1第19話「ひと筋の光」のネタバレ [エージェント・オブ・シールドシーズン1]

エージェント・オブ・シールドシーズン1第19話「ひと筋の光」のネタバレです。
あらすじ
フリッジを脱走した囚人を捕らえにコールソンたちはペンシルベニアヘ向かいます。
※ここから先はネタバレしています。
ウォードは手当を受けながらフリッジに到着した時すでにヒドラの手に落ちていたと説明。

ギャレットには銃弾2発を頭部に撃ち込んだと話しました。

コールソンはフリッジの囚人をリストアップするようスカイに指示しました。



私を撃ったクインが1番の小物だと調べながらスカイ、ダニエルズはとコールソンは問い、スカイはPC画面をコールソンに見せます。

最新の犯罪と照会するようコールソンは指示、このPCでは時間がかかるとスカイ、ケーニングの手を借りろとコールソン。

チームを分けるとコールソン、分けるのは安全だろうかとメイはヒドラの計略かもと言い、スカイも同意。

懸命ではないが正しい判断だとコールソンは言いました。



ケーニングは外へ出ることに反対、コールソンは説得、外出はオリエンテーションが終わってからだとけーニング。

オリエンテーションはロマノフを基準に設計された嘘発見器にかかることで、順番に受けていきます。

ウォードはシールドに残る理由を尋ねられエージェントの務めとウォードは答え、ケーニングは数値を見て銃を見せました。

ヒドラと関係があるか尋ね、上層部まで侵食されていたとウォード、ケーニングは銃を向けて真面目に答えるよう促します。

銃を向けて何か目的があってここに来たのではとケーニング、スカイに会いたかったとウォードは答え、ケーニングは銃を収めました。



ウォードは壁の影に隠れて爪の間に仕込んだ針金を引き抜き、フィッツはウォードに声をかけトリップに対する不満を口にします。

原因はシモンズではとウォードはいつ死ぬかわからないから言いたいことは伝えておけと言い、頭でも打ったかとフィッツ。

好きにしろとウォードは歩きだし、それが君だとフィッツは言いました。



操縦は私がするとメイは言いましたがコールソンはバスの燃料漏れを直すよう指示、嘘発見器なら受けた、秘密はないとメイ。

タヒチ計画の責任者はとコールソン、聞きたかったが聞くなといわれたと命令は絶対だとメイは言い、それが正しいときはとコールソン。

私の命令に従えないならよそに行けと告げ去りました。



コールソン、シモンズ、フィッツ、トリップはダニエルズが現れるであろうポートランドに出発しました。



前回ダニエルズを捕まえるのに協力したチェロ奏者のオードリーがよる一人でランニング開始直後ダニエルズが現れました。

逃げるオードリーの前にCIAを名乗るシモンズたちが現れ車でピックアップ、別の車で駆けつけたコールソンとフィッツがダニエルズに光を向けます。

牢でもやられたとダニエルズ、制御するためだとコールソン、能力を高めるためだとダニエルズは闇で攻撃し2人は吹き飛ばされ、ダニエルズは消えました。



スカイはケーニングと一緒に世界中で起きている事件を調べ、衛星を使って囚人たちを追跡することを思いつきます。

シールドの衛生は停止中だとケーニング、他の衛星があるとスカイ、ケーニングはハッキングに反対しましたがスカイは説得しました。

ウォードが現れ、ケーニングは施設内の人たちを監視しているタブレットを隠し、スカイがやろうとしていることを聞いたウォードは一瞬制止して賛同。

それかハードをアップロードしてはとウォードは提案、暗号は座標と連動しているからその場所に行かないと無理とスカイは説明。

ケーニングは折れて通信室の鍵をスカイにて渡し、どれくらいかかるかとウォードは問い、1時間くらいと告げてスカイは通信室へ。



オードリーはシモンズたちがシールドであることを見抜き、以前も助けてもらったと説明、相手がコールソンであることが判明します。

別室で音声を聞いていたフィッツは彼女をお取りにすればダニエルズを葬れると言い、コールソンは危険だと反対、今も危険だとフィッツ。



ウォードはバスにいるメイのもとへ向かい直ったか尋ね、修理して燃料も補給したとメイは答えます。

背中にある銃に手を伸ばしたウォードですがメイが出ていくと知りそのまま見送りました。



ウォードはケーニングのもとへ戻り、スカイがNSAに侵入したとケーニングは報告しすごい子だと褒めます。

危険な賭けもたまには成功するもんだとケーニング、毎回じゃないがなとウォードはドアを閉めました。



スカイが戻るとケーニングの姿はなく、NATOやCIAに報告しているとウォードは説明、モニターを確認したスカイは人影のない画像だけかと残念がります。

メイが去ったとウォードは告げ、スカイは説明を求め、出ていったとウォードは行き先は知らないと答えました。

結局監視していただけだとスカイ、任務だとウォード、好きだったのではとスカイは尋ね割り切っていた関係で俺達とは違うとウォード。

死ぬ可能性が高かったからキスしただけで俺たちにはまだ早いとスカイは関係を始める時期ではないといいます。

時期なんてないとウォードはただ始めるだけと酒を手にグラスを差し出しました。



別室からオードリーを見つめるコールソンはダニエルズが来ると急ぐよう指示、生きていると伝えてはとフィッツ、側にいられないとコールソン。



ウォードはスカイと飲みながら子供の頃兄に命令されて弟を殴ったと話し、親はとスカイ、もっと酷いとウォード。

僕は善人じゃないというウォードの隣りに座りいい人だとスカイは告げ、2人はキス、ウォードに触れたスカイの手日がついていることに2人とも気づきます。

傷口が開いたようだとウォードは立ち上がり洗ってくると言って部屋を出ました。



1人になったスカイはケーニングが監視に使っているタブレットを発見、ケーニングのもとへ向かいます。



オードリーは舞台でチェロを演奏、ダニエルズが現れ、一旦演奏を止めますが演奏を再開、シモンズ・フィッツ・トリップは構えます。



スカイはケーニングがいる倉庫に到着し殺害されているケーニングを発見、激しく動揺タブレットを確認してウォードの仕業と気づきました。



シモンズたちはダニエルズに光を照射、ダニエルズは反撃してシモンズたちは倒れ、コールソンが駆けつけ光を照射、トリップも起き上がり照射します。

ダニエルズは光を収集しきれずはじけ飛び、衝撃でオードリーは吹き飛ばされました。



バスルームに移動したスカイはウォードがヒドラ党員であると判断ししっかりしろと自分に言い聞かせ、周囲を捜索します。

ウォードの自分を呼ぶ声を聞きながらスカイは窓に表示されている夜景を見つめました。



倒れたオードリーに駆け寄ったコールソンは手を取りずっと見守っていると告げておでこにキス、オードリーが目を開けるとシモンズがそばにいました。

今彼がいたが願望を見たのだろうとオードリー、シモンズは微笑んでそうだと言いました。



スカイはウォードと合流、姿が見えなくて探していたがなぜ消えたのかとウォードは問い、打ち明け話やキスが怖かったとスカイ。

私は考えなしだから衝動的に行動して怖くなるとスカイ、今はとウォード、スカイはキスをして私は平気と答えあなたは何がほしいかと尋ねます。

しがらみを忘れてお前とここにいたいとウォードは答えてフィッツから応援要請が来たからバスで向かうと言いました。

ケーニングにはとスカイは尋ね、もう話したとウォード、スカイは荷物を取りに行こうとしましたがウォードは制止、2人は手を繋いでバスへ向かいました。



飛行機の中でフィッツはオードリーに真実を話してはと促し、いつかきっととコールソンはメイと話すと告げました。

秘密基地に戻ってきたコールソンたちはバスがなくなっていることに困惑しました。



荷物を持って歩くメイのもとへメイ母が車で現れメイをピックアップ、頼んだものはとメイ、母は封筒を手渡します。

彼女を探している者は多いからすぐに見つかると母、分かっているとメイ、殺したいのかと母は問い、話をしたいだけとメイは答えました。

よかったと母はマリアはいい子だと言って車を発進させました。


第19話終わり。

関連記事
エージェント・オブ・シールドシーズン1第19話「ひと筋の光」の視聴感想
エージェント・オブ・シールドシーズン1のネタバレ
アルファズシーズン2ネタバレと感想
ヒーローズリボーン日本人出演1・2・3・4・5話視聴感想





スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました